アナログ人間『ツカタ』の、だめだめな日々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
デジタル生活 168日目

まことにあほな話なのだが、
私の脳みその中では、
家で食べる飯はタダだと
カウントされていたようである。

このあいだ書いた
原価計算の話。
いまのところ4日ぐらい
続いているのだが、おどろいたことが起きた。

私、小さい頃からの習慣で
だらだら食べるのが
基本的になおらない。

目の前に食べ物が
あると、よほど満腹で
(もう、かんべんしてー)っていう
状況でないかぎり、食べてしまうという性格なのですが。

原価計算を微に入り細に入りやっていると
どうにか、目標の600円を
達成したくなり、
多少小腹がすいていても
(ここで、こっちのおかずも食べると100円オーバーだ)
甘いものが欲しくても
(おやつに、さける今日の予算はない!!)
となって、だらだら食べるのがぴたりと
止まったのだ。

もちろん、財布にぜんぜんお金がないと
いうわけでもなく、どうしても欲しけりゃ
買いにいけばいいのに、しかも
調理してタッパーに入って食べるだけの
総菜もあるのに、(目標オーバーするしー)
だけで、止まってしまうのである。

冷蔵庫の食品が本当に減らない!!


びっくりしたー。
過去に、ダイエットすべく
どんなに、(これは今日1日ぶんじゃないので
全部食べてはダメ)と思って自分に言い聞かせても
食べ始めると
(ま、いっかぁ)になって
なしくずしが パターンだったのに。


一方、外で、なにかをたべる時
本当は900円の料理を食べたくても、
予算を考え、750円のにする。
と、いうのは日常的によくあること。

本当は、デザートを頼みたいけど
予算的につらいので、今日はよそうとか
いうのも、よくある日常。

つまり、予算ベースで
食べる量の管理は、外では
昔からできて、いたわけだ。

つまりこういう結論にいたる。

私は、どうやら一度スーパーから
買ってきて、すぐに食べずに
翌日以降食べる食品は、タダだと認識してたのだ!

もちろん、タダなわけないことは
わかっている、買う時は
財布のひもをいつもきっちりしめて
スーパーは誘惑との戦いの場所だ。

でも、いったん買っちまって
うちに、ストックとして置かれた瞬間から
値段の観念が消失してたとしか
思えない。

だから、うちで自分でつくる
ご飯に、外で食べるときの
慣れ親しんだものさしを
適用するだけで、
『これ以上は予算オーバーなので
食べてはいけない食べ物』と、認識され
びっくりするほど、ブレーキがきいたようだ。



もしかして、このまま
うまくいけば(わたしのあきっぽさの虫がでなければ)
30年以上生きてて初めて
だらだら食いが治るかもしれない。(笑)
すげーうれしい。ふふ。

スポンサーサイト
2010.06.28 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。