アナログ人間『ツカタ』の、だめだめな日々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
デジタル生活 342日目

めずらしく、明け方に目が覚めた。

そして、なぜだか
突然にああそうだなと思う答えが
腑に落ちてきた。


ここ何年か、薄々感じていたことがある。



(なんか、前にもこんなことあったなぁ)



30代も半ばをすぎて、
こう感じる機会が
やたらと増えていってた。


自分が今立ってて、
生活している全ては

過去に自分が選択してきたことの
いきついた先で、
自分のなかで一応”是”とされていることの
集合なんだけど、

歳をとって冒険をしなくなって
過去に決めた自分のなかのルールやスタイルを
踏襲するだけで、ただうまく生活を
破綻無く運営しているような
気が
ここのところ
してきていた。

違和感というか
(あれ、私ってこんなに
守りに入った常識人だったっけ?)
そんな感じだ。


自分の生活で目にするもの(有形無形の)
どれを見渡しても、さしたる不満も
後悔も無いように思う。

何しろBESTではなくとも
自分がBETTERと感じて
拾ってきたものばかりだから。

でも、違和感がつきまとう。
なんか運動が止まって
自分という価値観の檻のなかで
窒息しかかってないか?



20代のころ戦う相手が
他者だったころ、自分らしさや
自分の価値観は、ぜひとも守り確立すべき
武器だった気がするのだが
今は、それに足をとられ首をしめられているようだ。

しかし、いかんせん相手は”自分らしさ”
そのとらえどころの無いやわらかな檻から
どう出ていいのか、ずっと考えあぐね
日々生活を流してきた。




話はちょっと飛ぶが
私は、生まれ変わりを一応 信じるたちである。

生まれ変わって、いろんな人間になって
魂の修行をするというのを
わりと信じている。
(だからといって、人にこの考えを
強制する気は、全くない、
ただ私は いろんな死生観のなかで、
一番しっくり来たのがこの考え方だというだけ)

それに照らすなら
自分のなかで、もう遅いと思って
あきらめている課題も
これから何十年か 死ぬまでやりすごして
生まれ変わっても
やっぱりその時には
たぶん私の前にたちはだかる課題なんだろう。



だったら
今、越えてもいいじゃないか。


急に何かが、すとんと落ちた。


もちろん、対外的に
物理的に歳をとり過ぎてどうにもならない
こともあるだろう。

でも全部がそうか?
自分で、出来ない言い訳をさがして
いるだけじゃないか?

自分のなかだけで 決めつけてることも
結構あるんじゃないだろうか?

単に自分が変わって、行動を起こせば
見えてくる 違う景色も
あるんじゃないだろうか?



もちろん、歳をとって
恥をかくのはおそろしい。
失敗するのも、無様なのもぞっとする。
傷を負えば、治りが遅いのも確実。

でも、あと何十年 生きるか わからないけど
その間中 やりすごすのは単純にいやだし、
なんか時間の無駄だなと思う。

そしてどうせ、きっと
CLEARしなきゃならない課題なんだ。



生まれ変わって
次の人生を前倒しで
スタートした気持ちになって
ちょっと自分らしくない
事をはじめよう。

そんなふうに 思った
今日の朝。

スポンサーサイト
2010.12.20 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。