アナログ人間『ツカタ』の、だめだめな日々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ついに、私の家のテレビが
ただの箱になりました。笑

言わずと知れた、デジタル放送完全移行ですね。

テレビを買おうか大分迷ったのですが
最近あんまりテレビを
前程見なくなっていたので
いっそ、テレビの無い生活というのを
やってみるのもよかろうと
思った次第です。



思い返せば、
子供の頃からあり得ない程の
テレビっ子だった私は

朝起きるとテレビを付け
学校から帰るとテレビをつけ、
間にファミコンをし、

兄や父親とチャンネル争いをし、
負け、泣きながら地団駄をふみ
夜寝室に入るまで

テレビはつけっぱなしという生活を
親元にいる18年間つづけて
いた気がする。

もちろん宿題するのも
テレビをBGMにしながら。
ご飯を食べるのもテレビに食い入りながら。
何かの予定は見たいテレビ番組の
隙間をぬって。

時代もあるとおもうけれど(娯楽の種類が限られていた)
今思えばテレビに支配されて
いたかのような、子供時代だった。
ひどいありさまだ。

そんな、子供時代だったので
ひとりぐらしをはじめても
テレビの支配をうすめて
生活を構築するのは
想像以上に困難で、

テレビを見ない時間が
落ち着く様になるまでには
15年くらいかかったんじゃ
ないかなと思う。

われながら、人間としてどうよと
思ったりもするのだが、事実だから仕方が無い。笑



何かがある生活と言うのは
いいものだけど、その存在感が
おおきいほど

それが無い生活というものも
また味わいぶかいものである。

存在の大きいものが
なくなると そこにぽっかりと
新鮮な空間が、ひろがって、
『無い』が『在る』ことが感じられる。

無いことの豊かさも、
確かにあると感じる。

買った時の高揚感もあるが
捨てた時の爽快感もなかなかに素敵だ。

捨てたときおもう。
ああ、解放された。と。

存在が大きいもの程
愛でる一方で、支配される圧迫感から
逃れたいとどこかで思っているのかも
しれない。


で、まぁパソコンもあるし
テレビ番組は見れないけど、無料動画は
見れるし、何よりどうしても見たいものが
ある時は、秘密兵器が
私にはある。




じゃーん。ワンセグ携帯!
携帯

じつは、2ヶ月程前
母親の病気の一件で、固定電話を
解約し携帯をついに、持っていたのでした。

(友人になぜにピンクの携帯なのか?とよくきかれるが
あまりに自分の女子力が低いので、
小物でむりやり補ってごまかしとこうかと
思って。というのがその理由である。)



というわけで、ブラウン管テレビと、ビデオデッキと
固定電話が我が家から、いなくなって
パソコンとワンセグ携帯が、やってきたわけです。

すっごいデジタル化、してない?


・・・・・あ、やっと普通か。笑

スポンサーサイト
2011.07.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://takatsukata.blog70.fc2.com/tb.php/114-5319a962
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。